忍者ブログ
POP
主にニコマスについて
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




えーと、アイマスPS3。
なんでこう、動画作るぜ!ってときに興味を引くというか面白いというか、そういうもん出てくるかなw
まあまとめてくるほうが自分には都合がいいかもだけど。
というわけで、ついでなので動画作る前に一気にがががーんと書いちゃう。

あ、興味を引くのはPS3版アイマス自体ではないんですけどね。
その前に「プロデューサーにお願い」についてもどうせだから、もうちょっとまとめちゃう。
アイマスPS3については「平等」「正解」あたりをキーワードに書くんじゃないかなと、先に。


繰り返しになりますが、私は、つまらないものくだらないもの、そういったものあるいはそういったものが次々と出てくる場が好きだし、大事にしたい。
より高みを目指す、個々に対してはそれももちろん賞賛するけども、場所がそういうところというのは好きではないし、ニコマスやニコニコがそのようになるのはまっぴらごめん。
そういうわけで、あの動画の内容には「MADもニコニコもそんなんじゃねーよ」と反論せざるを得ない。
別にスルーでもいいんですけどね。スルーしなかったことについては多分後述。

一方で、ニコニコという公開されている場所に出している以上、ああいう反応があっても当然でしょう。
本来、公開するということは批判や非難等も覚悟してないとならない。
ニコマスは元来そうしたコメントが付くことが比較的少ないようで、たとえばボカロや歌ってみた等では辛らつなコメントもそう珍しくはない。動画という形は珍しいと思いますがw

表に出る、公開するということは、衝突を生むということでもあります。
ところが日本人は、それに慣れていない。慣れていないどころか、それを悪・・・は言い過ぎにしても嫌悪する。
批判ではありません。しかたありません。そういう文化ですから。私もだいたい同様ですし。

だいぶ前ですがこのブログで、踊ってみた動画につく中傷的なコメに怒ったことがあります。最近も某ニコマス系動画についたコメにこっそり怒っておりましたw
そういう攻撃的なコメがつくから日本では顔出しはキチガイ行為であり、みな周囲に合わせ人と異なる行為は控えることとなり、つまりは個人の活動が萎縮するんです。

と言うのは嘘で。

Youtubeにだってえげつないコメントはつきますw
批判中傷発言自体が原因なのとはたぶんちょっと違う。
衝突になれていない、それは嫌悪されるべきものなのが根本的原因でしょう。

和を以って尊しと成す。
日本はその精神で高度に社会を作り上げてきました。衝突を避け和を維持するために、様々な手続き(礼儀等)が出来上がりました。あらゆる場面でみなが一定の手続きに従うことで、平和で争いの少ない安定した社会が成立しているのだと思います。
たとえば知らぬ人と初めて関わる場合なんかもいろいろ手続きがいります。
飲み屋や旅先などは一種非日常の場所みたいな認識で緩和されますが、それでも外国人にくらべると日本人とは非常に関わりにくいw 
あ、ネトゲなんかでもそうですね。
外国人は非常に馴れ馴れしい。それは日本人の感覚だと「変なやつ」であり、排斥・・とまでいかずとも非常な警戒の対象です。
私も外国人がそうであるのは外国人だからって思って特に何思わず平気ですが、日本人がそうであると「なんだこいつ?」と警戒をしてしまいますw

そのように様々な手続き・決まりごとに従って行動し、そこからはずれることは避け、そうした人物は警戒さらには場合によっては排斥する。
それによって「平和」が成立しており、平和というのはやはりいいものですから、このことを私だって批判・否定はちょっとし難い。私自身そうした感覚はありますし。
けど、そのことが同調を良しとし個人の活動を萎縮させてる面は否めないと思います。

匿名とはいえ反発を受けることを覚悟した上であの動画をあげたのは、そこは私としては認めたいところでもあります。
もちろんそれは同意ということではない。
しかし異論があっても日本的感覚では、それに反応することは騒ぎを大きくし場を乱すことであり、スルーするのが正しい。

そうです。
歌ってみたなんかでもそうですけど、表に出る以上批判中傷的な反応もあって当然のものと覚悟しないとならないというのは、そうしたこともスルーしなければならないということです。
批判というものを認めたくても、一方でこれはたいていの人にはきついだろう。

批判などもあって当然であれば、それに対して反論や怒りを出すのも当然だと思います。
でも、どっちも「駄目」なんです。
和を乱すから。

中傷はともかくとして批判なんかは、たとえば今回の動画なんかは、まったく同意はしませんが認めるところはある。他の動画に直接コメントするなんてのよりはずっといい。
認めるからこそ、スルーをしなかったのです。

いえ、圧倒的な理由は単に「ネタに乗っかった」だけですけどもw

スルーをする、つまり黙ってるのを良しとするのは、批判もするなということになる気がします。
批判にきっちり反応する。それも大事なことと思います。批判(内容でなくその行為)を認めるならば。

と言ってもやっぱり批判合戦もねえ。中傷合戦にすぐなりがちでもあるし。
そこをネタ化して応えるというのは、私はなかなか面白いなと思いました。つまらない動画で応えるのが反論にもなる。

そしてさらにこのこと(ネタ化、祭り化)にも眉を顰める人も少なくないでしょう。
前回のエントリーで、それを元動画の勝利と書きましたけど、うーん、やっぱり違うかな。
ネタ化に眉を顰めるのは、つまらないもの不愉快なものを見たくないという点で元動画と通じるものがあると思った。でも、出す側出さない側ってことで見ると、反応した人のほうが元動画の人と通じるところがあると言えるかもw

批判もまたそれに対する反論も見たくないものってのは、まあそうでしょうねえふつう。私もです。
それを見ずに済むようにするには、個人であれば表に出ないこと(動画をうpするようなことをしないこと)が一番ですし、場であれば可能な限りの住み分けでしょう。
スルーというのはそういうことです。反応することも認めなければ、批判も認めない。住み分ける。

住み分けによって、自分の適した場所であれば個人も不快な思いをすることなくそこに出てこれます。
現実的に一番の方法だと思いますし、ニコニコもさらにはニコマスもそうなってく(すでにかなりそうである?)でしょう。
でも、なんだかねえ。

MADは叩かれて当然のものです。
それがちょっとばかり表に出てきた。そこに面白さのひとつを感じていました。
世間に認められるMAD、ニコマスを望むというのとは微妙に違います。
後ろめたいもの、異物であって邪魔なものであるMADが、どう居場所を作るのだろう、折り合いをつけるのだろうという面白さ?かなあ。
あ、うん。そうですね。
異物がまじることの面白みだな。うん、きっと。

そのうちよりはっきりと住み分け、つまりは他と切り離される=表に出なくなるということになるのでしょうね。
せいぜいそのときまで遊ぶと思います。

PS3については別エントリーで。っておいMADで遊べよ!
 

PR



さてさて。
ちょっと動画のほう作りたいのだけど、その前にこっちについてさくっと!



って1万オーバー?妬くわー

さて。
「アニマス動画はつまらないものばかり。もうちょっと考えて動画作れや」
この動画の作者は、実に見事にその状況をあらためて現出させました。
この動画を元ネタとして、つまらない動画(失礼)が大量にあがる状況を実際に作り上げたのです。

私はこの動画の言ってることに反対で、そのような場であることこそが好きで肯定しているのですから、この動画が否定する「ネタに便乗しただけのつまらない動画」こそをとうpしました。
一方、この多くの便乗動画(ちょっとした祭り)を不快と思う人もけっこういるでしょう。それは、求めるものは多少異なってもこの元ネタ動画に根本で同意、共通であるということになると思います。
便乗動画に顔をしかめる人がある程度の数いる(だろう)時点で、元ネタ動画の人の勝ちでしょう。素直に。

思ってもそれを出すかどうかが違う、出すのが問題って考えもまたあるかもしれません。
でも、それもどうだろう?
少なくともMAD動画の世界とした場合。

口に出さない。それは人が不快になることを避けてのことです。もちろん悪いことじゃない。というか、それは最低限わきまえてなくてはならないこと。ふつうは。
それを動画にあてはめると?
つまらないくだらないだけの動画をうpするのはやめましょう。それを不愉快に感じる人がいるのだから。
そうなります。

MADもくだらないつまらないものだけども、表現であって表に出すものです。
くだらないつまらないものがどんどん出てくる場、私はそれが好きなのです。

#補足。1つのいい動画の影にはつまらない10の動画がある。結果としてはそうでしょうけども、つまらない動画は決していい動画のための肥やしとしてあるわけじゃない。いい動画が目的ではなく、はなからつまらない動画こそが目的、それこそが望むものなのです。少なくとも私にとっては。

つまらなくてくだらない。それは不愉快な、さらには迷惑な動画でもあります。
実際、以前からニコマス(PV)はしばしば「元PVを見たくて検索してもアイマス動画ばっかり出てきて邪魔。迷惑」と言われていました(最近はあまり目にしませんが、もちろんニコマスが認められたわけなどとはまったく違うでしょう)。
つまりMADっていうものは、単に違法性って点でなく、そういう意味でも元来表に出れないものなわけです。

私は便乗動画で、MADってそういうもんでしょって返しました。
わかる人だけがわかるもの。そういう一部の人だけが楽しいもの。内輪のもの。
でも、それに対してはさらにこう返せるでしょうね。

「そういうものは内輪でやれ。表に出すな」

まともな世界、一般常識、感覚といったものからはしごく当然のことでしょう。
好き勝手無礼講は内輪でやれ、外には出すな。


くだらないつまらないものが出てくる場が好きってだけじゃない。
そういうふつう白眼視されるようなもの、叩かれて当然のようなものが、まがりなりにもそれなりの表に出てきている。
私がニコマス、さらにニコニコに面白みを感じてるのは、そういう点にもあったりします。


というようなことを引っ張り出したこの元ネタ動画は私からしてすごいってことでw
まとまってないというかなにを言いたいのかいまいちぴんとこないエントリーですが、ちょっと考えるっていうか興味深い部分あんじゃね?的な。
とはいえまあこのくらいで。
 




ちょっと気合入ってるの作ってるところなのですが脱線しちゃったよ。
(プロデューサーにお願い動画)
元のがあんまし伸びなかったけど、でも少しでもかわいい春香を見てもらいたいってのもあって!
てか宣伝動画だったのに、なんか申し訳なくて恐縮。

ついでに(毎度ついでってのは失礼とは思うのだけども)動画紹介。


 
それっぽくていいなあ。
特に春香がそれっぽいと思うんだw


#追記
動画たくさんあがってきてますね。
たぶんきっとですね。
口には出さずとも、こんなくだらない祭り邪魔だなうざいな、って感じる人もけっこういるんじゃないでしょうか。

うん。
元ネタになってる動画と同じですね。
前にも書きましたが、MMDでの○○選手権を批判する声などもけっこうあるように、実のところ元ネタ動画の人と通じる部分のある人は少なくないんじゃないかと思います。もしかしたらそのほうが多数派なのかもしれない。
なかなかいろいろ面白い構図というか状況というかが出てきてそうで、なんかちょっと興味深いのですが、でもまあいいや頭働かない。

ま、この元ネタ動画の人の勝ちなんじゃないかという気はするw 皮肉的な意味とかではなくそのままに。
でも私はそれには抵抗しますけどね。




動画紹介。MMDフェスから。

 

東方でスピッツ。
なんかすっごい良かった。
演出も派手ではないし、「ここがすげええええええ!!!!」みたいなところは特になさそうなんだけど(少なくとも自分にわかる部分では)、でもなんかすっごくほんとすっごくほんと夏フェスっぽいの。
なんでこんなそれっぽく見えるんだろう。
光・コントラストとカメラなんかなあ。
ライブ動画、たくさん見てる人なんだろうなきっと。
いやー良かった。

先日紹介したバナナラマやデッドオアアライブのMMD動画の人もきてました。



こちらも東方で、やっぱりまた80's洋楽wブライアンアダムスです。
見せ方は違うけど、やっぱりそれっぽい。
いいなあ。

つかやっぱ私もなんかやろうかなあw
特にアイディアないけども。
てかモーション面倒だしなー。バンドモーションで配布されてるのとかないのかなw


 




#22時追記
CM動画であるので(急にそうなったw)、しばらくの間動画タイトルを変更してます。
動画の想定と違うので、ちょっと抵抗あるのですが。というのは、動画はあくまでプライベートの想定でして(取材だとそうならない)、そこはちょっと微妙にこだわりたいところなのでw、ここに記しておきます。

#さらに追記
やっぱり「取材してきた」ってことで見ると、見る人の視線がだいぶ違っちゃうかな。くそやっぱちょっと悩んじゃうなw

 * * * *

3日連続動画うpは無理だったよ。。
というわけで、また新作あげました。

 

朝までは前日ってことで3日連続ってことで!
うん、つまりこの動画を作ったのは「3日連続であげたい!」のが一番の理由だったりするんだw
グーグル先生をうpったときにそうしよう!って思って。
要するに「手間のかからない」動画!ってことで思いついた動画ってことです^^;

なのですけど、かなり気に入ってます。
急いだのでいろいろ雑とか失敗とかもありますけどね。音とか!(なぜ気づかなかった・・・・)

使ってる曲は、以前のエントリーでもとりあげたタイのアイドルデュオ「niece」の10年前の曲です。
この曲はニコマス始めたばかりのころから作りたいと思ってました。なので、そういう意味での思い入れも入ってる動画でもあります。この曲でどういう動画を自分でできるかってこれまでずっと思いつかなかったので、今回それを出来て嬉しい(でも、そのくせ音・・・)。

で、言い訳!ではないか。言っておきたいこと。
ちょうど2:00くらいからのとこ。
狙ったんじゃないから!
いつもですけどわりと考えなしに作ってるので、わりと勝手にああなったのです。あの部分、こりゃいかにも過ぎると思って無しにしようと一瞬思わなくもなかったのですが、自分でもによによしてしまうからしかたがない。

と、書きながら思ったのですが、私MMD動かしてるとき、「かわいく」をあまり意識というか意図というか、してないかもです。「そのままの」というか「自然な」というか「素の」というか、そういう春香をって意図してます。たぶん。
それでも春香はかわいい。

なお、作りながら思い浮かべてた動画はこちら。


 
「Just Don't Stop」もフレンチポップさがある曲だと思いますが、こちらはもろにそう。いい雰囲気。好きな動画です。似てるかと思ったけど、あらためて見ると全然違うな。

あと、途中まで出来て一度書き出ししたときに連想したのが、(やったことはないのだけど)これってもしかしてエロゲとかっぽいんじゃね?とw
どうなんだろw

今回はサムネもかなり気に入ってます。
サムネ特定コメがついてるけど、それについては、ふむーそうなのかあ。どこに特徴あんかな。


で、最後にまた数字の話。愚痴とか不満とかじゃないよ。
今回の動画、再生数はともかくとして初動のマイリス率はかなりいくと思ったのね。「14番目の月」よりも。逆に、「14番目の月」なんかはもっと全然マイリスされるような動画じゃないって思ってた。
で、「へーーー」、と。
ほんっとわっかんねえなあ。とw
わっかんないってのも、たとえば視聴者の好みを知りたいみたいな疑問ではなくてね。
私からすると意外で、面白いなあと。
自分、相当ずれてんのかなw
うん、「なんか面白い」であって、興味深いとも違う。今回、分析してみるとか、わからないから知りたいとかにはいかない。自分が思ってるのと違って、そのことが、わりとシンプル?に「へえええそうなんだ」って感じで面白いです。

さて、気に入ってはいるのですけど作った動機からして急ぎすぎたところはあり、適当過ぎてたり思いついた演出なんかも手間かからないこと優先でやってなかったりで、あと音もなんだし、あらためて完全版?作りたいなあって気持ちもあったりするのですが、でもたぶん作らないかなこれで気に入ってもいるしw
 




ちょっと「14番目の月」に対する(昨日あげた動画じゃなくて荒井由実の曲に対する)感想が目に入ったんです。
「満たされぬことの美しさ」みたいな感じのものでした。
なるほどなーと。

満月になったらあとは欠けていくだけっていう点に、反発からか目がいってましたけど、そういう見方もあるのか。
そのように見るなら、春香に重なってきますね。

さて、なんか2日連続になりますけどまた動画あげました。


 
こんなんですけど。
最初歌わせようと思ったのだけどまじ面倒。人力やってる人すげーや。




14番目の月に対するマイリストコメントに「歌詞が意味深」とあったので、ちょっとばかり解説というか。
「14番目の月」はまだ荒井由実時代のユーミンの曲で、さすがに私もリアルタイムではありません。どメジャーではないかもしれないですけど、スピッツがカバーしたり、また映画「さよならみどりちゃん」の主題歌でも奥村愛子のカバーで使われたりしていますし、やっぱり知ってる人は多いと思います。

基本的には単純に「曲が好き」というだけで作ってます。が、作ってる間は、この歌について思うところがありました。

投稿者コメに私は「フィールヤング~」と書いてますが、フィールヤングは少女漫画雑誌・・・少女漫画じゃねえな。「ヤングマガジン」「ヤングジャンプ」あたりのポジションの女性漫画版ですたぶん。ヤングついてるし。分厚いけど。
そのフィールヤングに連載されていた「さよならみどりちゃん」というマンガを、なんとなくイメージして作ってます。
MMDでの春香のポーズも、そのマンガの絵からだいたいパクってます。最初に「Q」ってあるのも、さよならみどりちゃんの単行本の表紙がそうだからです。作者の南Q太のQですけど、この動画としての意味はありませんw いや、さよならみどりちゃんを元ネタにしてますよーって言ってる意味があるな。
ところでそれで思ったのだけど、これまでMMDでモーションつけるとき、PVからというのもあるけど、PCの前で自分でポーズとってってやってたんだけど、そうかマンガを参考にすればいいんだな。

このマンガは映画化されており、上に書いたようにこの曲のカバーが主題化に使われてるのですが、映画のほうは私は見ていません。

フィールヤングは「どう?おしゃれでしょ!」と言ってくる感およびうっすらとしたサブカル感があって、そこが好きで嫌いで好きなんですよねw

かくのう!




というわけでユーミンあげました。



どうにも、けっこう気合い入ってやりたい!作ろう!って思ってるのって全然進まなくて、放置が増えてきてるので(きかんしゃも気にしてないけども思いついて短時間で)。
でも意外とこれも時間かかっちゃったな思ったより。
動画借りてこれだからなーキャプしてたら・・・

カバーのほうと迷ったんですけど、これは原曲のほうで。
でもイメージはさよならみどりちゃんです。

#てうかMMDでけっこいろいろポージングさせたわけなんですが、それならそのままMMD動かして作ってしまってもよかったという気がしなくもないけどでもまあ。



今一番強く言いたいのは、ニコマスにはユーミンが足りない!
自分で作れば?なんですけど、私には速さがねえ。。
気楽に作りたいところなんですけど、えーと、なんとなく言いにくいのですが、私、キャプチャするの苦手っていうか嫌いっていうか苦痛?なんですよ・・・
ごPさん式でいこうかなあ。

で、本題です。いや本題もくそもないエントリーですけどね。
アイドルマスターのアニメ見ました。
リアルタイムでアニメを見たのはうん十年ぶりですw

やー、良かった。
アニメとしてどうなの?とか、アイマス興味のない人にはどうなの?とか、あるんでしょうけど、私にはどうでもいいです。
で、見たあとですけど、こちらを見ました。

http://news.dengeki.com/elem/000/000/380/380094/

監督へのインタビュー記事です。
なんかまるでニコマスPにインタビューしてるみたいと思ってしまったwww
もちろんそんなわけないわけでそう言うのは失礼なんですが、なーんか通じるものがあるなあと。ちょっと嬉しくなったのでエントリーを立てたのですけど、でも原作あっての作品だとまあだいたいこんな感じで普通なのかもかな。よくしらん。

ひとつだけ文句、不満、リクエストが。
春香にもっとおしゃれな服を着させて!




MMDステージ影付け例。
元サイズ(画像をクリック)で見てください。

kerorin_1.jpg

影無しのケロリン町です。


kerorin_2.jpg

影をつけましたが、デフォルトです。


kerorin_3.jpg

影を調整しました。
あまり違いがないかもですね。。
構図にもよるのですが。

kerorin_4.jpg

さらに色調、明るさ、コントラストなどの調整を(動画編集ソフト=PEで)加えたものです。
これはさすがに違いがわかると思います。

デフォルト影を調整したものも比較用に。

kerorin_10.jpg

この構図だと影による違いはあまり出ないかな^^;
別の構図での例。

kerorin_6.jpg

デフォルト影です。

kerorin_7.jpg

影を調整。


kerorin_8.jpg

さらにコントラストや色調を調整。

kerorin_9.jpg

コントラストをより強調。




[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
calendar
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
search
new entries
(12/12)
(04/10)
(12/08)
(08/23)
(08/22)
new comments
[03/04 ごP]
[08/04 NONAME]
[05/27 ぽ]
[05/27 ぽ]
[05/15 NONAME]
trackback
profile
HN:
性別:
非公開
バーコード
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone